とりあえずPSU日記だね。

 実は課金は切ってしまったわけだが・・・・。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
070911_01.jpg
(C) SEGA
親になることが多いので、ハゲの笑顔がまぶしいぴねですおはようございます。


昨日は前半はウエイトレスロボ・エミリーたんのレベル上げにお付き合い。
エミリーたんはまだレベル4だったので、ぴねったを補助メインにするためにフォルテクターに転職させてGO!
まったりいってたらパルム後のお部屋が真っ暗でした。

レアマップきたあああああ

レアマップに当たると経験値倍率が5まであがるから、経験値がたんまりもらえていいですね。
その分、死亡するリスクも増えるわけですが・・・。

いやー、ぴねをテクターにしといてよかった!

その後、ご飯落ちしたエミリーたんと入れ違いにキラっちと合流。
今度はBレベルなのでレンちゃんに変更。

サクサクすすんでいたら、またパルム後のお部屋が真っ暗で・・・

またレアマップきたああああ

来なくていい時にレアマップが来る不思議。
カーツさんはウエポンでゴリを回しまくるわ、強化火ゴーモンは痛いわで大変なことになってました。

いやー、長老のレンちゃんでいってよかった!

しかしこのレアマップ、苦労するんだから絶対レアモンが出るようにしろといいたい・・・。
結局ジャッゴつんなどを見たのは、初めてユンミちゃんと行った時だけだもんなぁ・・・レアモンが出ないレアマップなんて!


そういえば、DF戦の時、ディーガで攻撃した時になんだかDFが回復しているような気がするなーとは思っていたんですが、後でウィキを見てみたところ、こんな記述が


尻尾の先にある顔の両側に生えている骨のような部分は、テクニックのダメージを吸収して回復してしまう。
尻尾を引っ込めているときは当たってしまいやすいので、テクニックで攻撃するときは注意しよう。


ええええーーーー

超知りませんでした!
回復に気付いたのは昨日だったんで、今までは偶然骨のような部分に当たっていなかったってことでしょうか・・・
早めに気付いてよかったよ・・・


その後、セレスと合流


070911_02.jpg
(C) SEGA
ユンミちゃんがうっかり拾ったブラック・バルズ基板をセレスに譲ったんですが、それが完成したということでお披露目でした。

その時の会話をチャットログから抜粋


レン「つかってみた?」
セレス「いや 転職したばかりだしw」
レン「ああ、そか」
セレス「うん」
レン「転職しないともてないんだなー」
セレス「そです fGのみw」
レン「あれもfGだけでしょ」
セレス「ん?」
レン「パイパー」
セレス「いえw そっちはGTのみですよw」
レン「へえ!?」
セレス「だからGT不遇っていうんじゃんw」
レン「なんなんだw」
セレス「そんな難しいところからしかでない武器ばかりGT専用なんだよw」
レン「あははは ひどいw」
セレス「うん ひどいです。」
レン「だから絶滅危惧職業なんだw」
セレス「それはむしろWTでは・・」
レン「ひいw」
セレス「専用武器もほぼないしねー・・」
レン「ウオーテクだっていいとこあるお!」
セレス「うん 法撃がGTよりはあることかな・・イルミで逆転しそうだけど・・」
レン「GTよりもしぶといお!w」
セレス「ああ HPが無駄にあることだね!」
レン「あほほどね!」
セレス「回避もものすごくあるしね!」
レン「むだにね!」
セレス「攻撃できないくらいにね!」
レン「いいとこねー!」
セレス「あはははw」

昔WTやってたおいらとしては、言ってて切なくなってきましたw
イルミナスではGTやWTに、もっと光が当たればいいな~
(GTはともかく、WTはイルミでもどうなるかすごく不安なんだよね・・・)


そんな感じで今日はここ最近のチャットでちょっと印象に残った会話をピックアップ。のっけちゃおうかなーと思います。
また無断な上に激しく身内ウケなので、関係ない方には全く面白くないと思います。
でも私が楽しかったのでのせるんだ!(自分勝手)
つーわけで、あくまでも身内向けですよ~~

整理してたら色々出てきて、なんか凄く長くなったよ!


◎旧跡ジャッゴ周回での会話。

ユンミ「レンはさー」
レン「おー」
ユンミ「ちったいよねーー」
レン「なにそれ!」
ユンミ「久しぶりにみて「ちったいな」が一番の感想だったんだ。」
レン「きのうだって みてたじゃんwww」
ユンミ「昨日もちったいなーと思ってたんだけど改めておもった。」
レン「いいじゃん かわいくて」←お得意の自画自賛
ユンミ「そうねーそうだねーそうかもねー」←聞いてない

こんな会話がデフォの二人が好きです☆


◎一周年記念イベントミッションで、セレスが初めて合流した時の会話。

セレス「ついてけば いいのかな」
レン「うん」
セシリオ「れんちゃんに ついていくといい」
セレス「ディスクがどうとかっていうのは」
ユンミ「ディスクはよくわかんないんで まー黄色いのが目の前にあったら ひろえ。」←いつものごとく偉そう
セレス「あはは おけ」
セシリオ「んとねー 木と 箱と 瓦礫と 天井に あるです」
ユンミ「いろんなとこにあるですよ」
セレス「w」
セシリオ「セレスきっと得意」
セレス「銃はいってないやw」
レン「えーーww」
ユンミ「気合で!」
セレス「弓しかw」
セシリオ「弓でいいですw」
セレス「まー 適当にw」
レン「って おれも いれてなかったw」
ユンミ「レンは つぶれるといいよね。 いちどね。」
レン「なんでw」
ユンミ「ぺったんこにね。」
レン「いいじゃん いつもじゃん!」
セレス「いばりw」
ユンミ「ぺったんこ?」

ユンミ様のセレスとレンちゃんに対する反応の違いが萌え(えー)。


◎イベントミッション一部屋目が終わった後の会話

キラ「うっかり光鎧のままでした」
レン「wwww」
セレス「あはは」
レン「そりゃいたいわw」
セレス「あぶない^^」
キラ「なんかうたれよわい!!と おもったら。。。」
レン「あはは」
セレス「普通にか弱いから気をつけてませんでしたw」
キラ「あは」
レン「いつもどおりかとw」
セレス「うん レンがごっそり減ってたら またやってるなーとか 思ったけどw」
レン「またとか いうなやww」
キラ「あは そうなんだ^^」
セレス「いつものごとく。で よいかな?」
レン「いいかえても おなじじゃんよw」
セレス「いや パワーアップ。」
レン「すなおに うっかりと おいい!」
セレス「それもどうかと。もううっかりのレベルではw 毎度うっかり。」
レン「それも 個性!(叫)」
キラ「!!!」
セレス「うん そういうことで。」
キラ「かっこいい!!」
レン「おう!」
セレス「うっかり個性。」
キラ「おとこまえです・・・!!」
レン「いえい」
セレス「かっこいいんじゃなく 開き直りっていうんだよ。」←冷静なお言葉
レン「おとこらしいよ」
セレス「うん いっそ今度から光でDF突撃、よろw」
 ↑ この時は気づいてなかったんだけど、ログ読み返してたらこんなヒドいことゆってた!w そんなセレスが大好きさwwww


◎ボス前のちょっとした会話

セシリオ「レベル100になっても攻撃1000こえなさそうだな・・・」
レン「へー」
セシリオ「むぅ」
ハル「そうなんだ」
セシリオ「いま958」
ハル「ぼくまだ780しかないよ」
レン「100になってもHP1500いきそうにないよ!」
セシリオ「あはは」
ハル「かよわい!」
セシリオ「HP 2714になったw」
レン「うおw おれさま かよわいなー」
ハル「うん かわゆいです (*ノノ)」
レン「ゆってないw」

ハルたんの(*ノノ)が好きw


◎イベントミッション開始前

レン「フラグメントあずけてくるのわすれてたな」
ハル「まあ」
レン「売らないようにしないと・・」
セレス「あはは」
ハル「ああ そういう心配か」
レン「うん」
ハル「アイテムはいっぱいにならないだろうと言おうとしたらw」
レン「そんな ゆめのない! ゆめはおおきく!」
ハル「あはは」
セレス「もちきれないほどの ベリー?」
レン「いらねw」

PSUはPSOのレア探し以上に夢がないっ!
もっと夢をwww


◎またまたイベントミッション開始前

レン「そういや きょうこそ ディマゴラみにいく?ww」
セレス「ああ」←なぜかモトゥブコースを選ぶと絶対レアコースに行ってしまっていたセレス
ハル「えええー」←ディマゴラ大嫌い
レン「あはは」
セシリオ「ううう」
ハル「´3`」
セレス「ハルが嫌がるようなので普通にパルムでw」
レン「おけw」
ハル「セレスさんあいしてる」
レン「wwww」
セレス「いらん。」
セシリオ「・・・」
レン「もつぶいっちゃえw」
セレス「うん」
セシリオ「うん」
ハル「いやーん」

そして最初の部屋終了後、コース選択

セレス「さて ディマゴラいくかw」
レン「あはは」
ハル「やだー」
レン「いくかw」
ハル「うわーん」
セレス「お子さまは おいといて。」
セシリオ「そうねーw」
レン「♪」
ハル「えーん」
セレス「^^」←この笑顔がw

ハル、忘れちゃいけない。セレスは面白いことが大好きなんだwwww


◎ユンミちゃんがディラグナスの置物を完成させたというので部屋にみんなで集まった時の会話。
ディラグナスの置物の周囲をぐるぐるまわるセシリオを見て・・・

ユンミ「はしゃぐセシリオ。」
レン「だってセシリオだもん」
セレス「うん」
セシリオ「えー」
ユンミ「そうですよねー」
セシリオ「なんでそうなんのw」
レン「みんな納得してるよ!」
ハル「三つ目の首」←ディラグナスの首の間に座って顔だけ出しながら
セシリオ「はいった」
ユンミ「ちったい。」
レン「なにが おれか! おれなのか!」←毎度のことながら会話をちゃんと聞いていなかったが、ちいさいという言葉に反応
ユンミ「レンはいうまでもなくちったいけど たまに いいたくなるほど ちったいよね。」
レン「たまに いわんでいいよ」
セシリオ「ちったいね」
ユンミ「ちったいもんね」
レン「そんなに きにしてないやい!」
セシリオ「ちったいのが かわいいけどね」
ハル「かわいいですよ」
レン「うん まーね」←また自画自賛
ユンミ「きもちわるいよおまえ。」←首の股から顔だけ出しているハルを見つつ
セシリオ「でっかいとかっこよくて どしたらいいのかw」
ユンミ「ほれとけばいいんじゃね。」←どうでもよさげに
セシリオ「おー そっかw」
レン「なにに? ハル?」
ハル「(*ノノ)」
レン「ないかw」
セシリオ「ハルにほれて どすんの」
ハル「そうだよ」
レン「ですよね」
ユンミ「ハルにほれる日なんて永劫こねー。」
レン「wwwww」
ハル「ぼくにはもう恋人がいるんだからね」
ユンミ「いようがいまいがハルじゃね。」
レン「あはは」
セレス「なんかみな微妙に会話がかみ合ってないのは 人数多いのが久しぶりだから?」
ユンミ「仕様じゃね?」
セシリオ「あはは そうやって冷静に観察するセレス」
レン「いつもどおりなんでは?」
セレス「うん まあ レンがおかしいんだけどね」
レン「おれかw」
セレス「うん」
ユンミ「レンはちいさいから仕方ないって。」
レン「関係ないです」
セレス「ログ読むとおかしいよー」
ユンミ「ちいさいこは おかしいんですよ。」
レン「それは いつもだよー」
ユンミ「ちいさいとこ?」
セレス「小さいのが?」
レン「ちがー」
ハル「だってログのせるだけでブログのねたにw」
レン「あはは」
ハル「さすが御三家」
セシリオ「うん」
ユンミ「なんか混ぜられた。」
セレス「どういう関係が?」
レン「wwww」
セシリオ「うん まぜとかな。」
ハル「うん」
セレス「おかしいのはレンだけでは。」
ユンミ「分離するぜ。」←二人とも冷たい
レン「おかしいいうなやー」←いや、やっぱりおかしいと思う
セレス「ゆかい。」←言い方変えても!
ハル「水と油のようでいてよくまざる マヨネーズのような御三家」
レン「マヨネーズっていわれましたよ」
ユンミ「レンでしょ。」
レン「マヨネーズ?」
ハル「(*ノノ)」
レン「てれられた!」
セレス「うーん いろいろ 意味がおかしいw」
レン「て これ きもくね?w」←股の間から顔を出すハルに気付いた
セレス「いまさらw」
ユンミ「どれ」
レン「なんか はえてるw」
ユンミ「ハルのこと?」
レン「うん」
ハル「さっきから ずっとはえてるよ」
ユンミ「ハルはなにしててもキモチワルイじゃないか。ばかだなぁ。」
レン「あはは」

みんなが集まると好き勝手言うので、会話がカオスに。
これは読みやすいように並べ替えたりしているので、ログはもっとカオスでした! そして一番カオスだったのは僕の発言だったことは秘密!
でもそれが楽しいね!

最近はイベントのお陰で人が戻ってきてくれたので嬉しいです。
おしゃべりできるのはいいねー












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pinekoro.blog74.fc2.com/tb.php/326-f6cc9392

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。