とりあえずPSU日記だね。

 実は課金は切ってしまったわけだが・・・・。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
090501_01.jpg
まだら馬と行くオブリビオンの旅、今回の話題は・・・。


まぁ、適当にクエストとかダンジョンとか攻略しているだけなので特別なネタとかはないんですけど、ぼつぼつと写真とか撮ってたのでアップしてみましょうかな。


装備を変更するたびに自キャラの写真を撮っている私。
090501_02.jpg
レベルが低いうちは敵レベルも低いので、あんまりいい装備がゲットできないんですよね。
んでまぁ、こういうイマイチもっさりした格好でウロつくことが多く・・・。
獣キャラで遊んでた時は皮鎧を着てもそれなりにサマになってたんですけど、女性キャラだと可愛い格好させたい・・・とか無理な願いが先に立つんで、ついスカートとかはかせて見てしまうわけで・・・。

まぁ、この世界で「可愛い格好」とかいうのが、まず無茶だとは分かってはおるんですが・・・。



090501_03.jpg
ちょこっとレベルが上がると、ちょこっといい鎧も落としてくれるように(まだまだ序盤ですが)
重装備ならそれなりにカッコいい鎧もあるんですが、私のキャラはさほど重いものをたくさん持てる子でもないので、できれば装備は軽いほうが・・・。



090501_06.jpg
そんな冒険の合間に魔術師ギルドに入りました。他にも戦士ギルドなどもあって、入る入らないは自由なんですが、入っておくとギルドにある装備が自由に使えたり、アイテムがもらえたり、色々便利なもので。


国内のあちこちにある魔術師ギルドで推薦状をもらうと、魔術師の総本山みたいな大学に入ることができるんですが

090501_05.jpg
そこでもらったローブ。魔法が付加されているのでちょっと嬉しい。
もういっそローブでウロつくのもいいんじゃね、と思うんですけど、メジャースキルに軽装備を選んでいるんで、鎧を着てスキルレベルを上げないと自分のレベルが上がらないんですよねぇ。


090501_04.jpg
んなわけで、今はこんな感じの格好に。腕と胸の辺りが寒そうですおな。

鎧など、見た目に関しては獣人でやってた時の方がそれっぽくて楽しかったかも。
次はまた獣くんでプレイしよっかなー。

ところで、この世界では無抵抗な人を殺したり、他人のものを盗んだりすると犯罪者認定されて役人に追われることになります。
そういう犯罪者として生きるという遊び方もアリなゲームなんですが、そういうつもりもないのに、いつの間にか犯罪者認定されていて、役人に話しかけたら捕まったからびびった。
なぜそうなっちゃったのか謎なんですが、ステータスを見ると「盗んだものの数」が48とかになっていて、賞金が40Gほどついていたので、そのせいかも? 一応赤マークが出るアイテム(人のものだからとったら盗みになるよという意味)は取らなかったつもりなんですが・・・。犯罪者認定されると、教会でお祈りさせてもらえなくて不便なんですよねぇ。

というわけで、何箇所かある特殊な祠をめぐって祈りをささげるとその犯罪歴がナシになるので、そこをめぐったりしておりました。
めでたく犯罪者レッテルはクリアになったんですが、ステータスを見たらいつの間にか「盗んだものの数」が400とかなってt

でも賞金の額は増えてないし、役人に話しかけてもつかまんないんですよねぇ。
窃盗の数で決まるんじゃないのかなぁ。うーん、ワケが分からない。

多分、「無意識に盗んだ」時に、以前は誰かに目撃されて、今回は誰にも目撃されてなかったせいなんだろうけど。しかしほんと、盗んだ気はないのに困ったもんだおー。

ところで、今はメインクエストを中心に進めています。
まだ自分のレベルがショボいので敵も弱くてサクサク進めてていいなー。
その辺りのことはまた後日にでも。

そんな感じおな。


スポンサーサイト
X360版のオブリビオンのプレイ日記です。


090420_01_01.jpg
折角お馬さんを手に入れたので、周囲を散策しながら帝都に向かってみることにしました。



分かりやすいタイトルにしてみました(どうでもいい)。

会社で仕事をしていると、今夜はPSUでオンして、あっちとこっちのミッションやってみて・・・とか色々考えるんだけど、家に帰るとX360を起動してしまう不思議。
うーむ。


そんなわけで、今日もPSUネタはないのでオブリビオンだよ!


闘技場で稼いだお陰で魔法が買えるぐらいのお金はたまったんですが、時間は夜。お店は全部閉まっちゃってるんですよね。このまま宿に泊まったり待機メニューを使って朝を待ってもいいんですが、折角なので帝都の外を歩いてみることにしました。


090419_02_01.jpg
帝都のすぐ外にある宿屋。
このように、新しい建物を発見すると地図に記載され、次回からは歩いていかなくてもワープで行けるようになります。ただし、歩くのと同じように、距離によって時間は消費されるんですけどね(瞬間移動ではないみたい)。


090419_02_02.jpg
見上げれば満天の星空。
白っぽくなっちゃってますが、実際はもっときれいですお。



PSUでソロっていたら何もかもが嫌になってきたのでオブリビオンで遊ぶことにしました。
X360版のオブビリオンの世界を、ブラブラ旅してみたいと思います。


090419_01_01.jpg
んなわけで、地下道(下水道?)からスタートです。ここを抜けながらチュートリアルとメインクエストが同時進行していくことになります。
ネタバレになるので深くは書きませんが、まぁ、この国に何やら異様な悪しき気配が迫ってきている、とか、そういう類のものです。

写真の画像は地下とか言いつつ明るいですが、これはゲーム内の明度調整をかなり明るめに設定しているからで、本来はたいまつがないともっと薄暗い感じだと思います。ゲームの中で明るさ調整が出来るのはありがたいですね。この明るさだとたいまついらず。
雰囲気重視ならもっと暗くすべきでしょうが、それだと写真を撮っても何が何やらわからないので、こんな調子でいこうと思います。


おはよう、みんな!
PSUネタがないので今日もオブリビオンの話だよ!
今日はキャラメイクについて無駄に語っちゃうぜ!

ぴねです。

まぁ、語るほどやりこんでいるわけじゃーないので、サラっとしか書けませんけどね(どないやねん)。

先日からオブリビオンは自キャラが残念なことで有名、と書きましたが、どれほど残念かといえば





これぐらい?
090416_01.jpg
注・敵キャラでなく自キャラです。

ハイエルフ、とか言われると、もっと美麗なイメージがあるんですけども。。。海外の方と日本人では感覚が違うのかもですなぁ。
他にもオークとかもいるので、キャラメイク画面は結構モンスターハウスです。

キャラメイクは基本となる種族を選んで、その顔をモーフィング調整して自分の好きな顔かたちに出来るタイプ。顔の大きさからほうれい線の有無まで、色々な部分を調整できます。でも、シムズ2ほど大幅にはいじれないので美麗なキャラを作るのは至難の業なんですよねー。髪型などの種類も少ないですし、プレイする人がMODに手を出したくなるのも分かります。

そんな中、ブレトンという種族は比較的整った顔が作りやすいみたい。
こんな感じで。
090416_02.jpg
それでもバタ臭いので、日本のRPG独特の美麗キャラに慣れている人には不満足かも知れません。

バタ臭い顔や化け物顔はどうしても無理という場合は、獣キャラで遊ぶというのも手かもですおね。ライオン顔の種族とかトカゲ顔の種族とか。どっちも愛嬌があって私は好きです。



でもまぁ、折角なので、女性キャラを作ってみました。
もちろん、整った顔が作りやすいブレトンで。
090416_03.jpg
こんな感じ。
髪型がもう少し豊富であれば、もうちょっと楽しめそうなんですけどねー。



090416_04.jpg
どうでもいいけど、メニュー画面を開くと常にファイティングポーズ(しかも猫背)なのが、とっても気になります。

キャラが確定したらゲームスタート。
チュートリアルと同時進行でプロローグが始まり、その道中でキャラの職業やスキルを決定していきます。スキルはレベルアップなどにも関係してくるので、決めるのはすんごい悩むんですけど、まぁ、初回プレイの場合は適当に選んでもいいんじゃないかなー。あんまり悩みすぎると、スタート地点の地下通路から、いつまでたっても出られませんし。
まずは外に出てオブリビオンの世界を楽しむべし!

とか言いつつ、何度もキャラを作り直して悩みまくりで地下道から脱出できない私。
カジートにしようか、ブレトンにしようか、迷うんだよー。
あーあ、どっちにしようかなー。

そんな感じで。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。